ラメランス アトピーや赤ちゃんは使える?成分の効果と副作用を研究者が解説! ラメランス アトピーや赤ちゃんでも使える? 成分の効果と副作用を研究者が解説!

保湿クリーム.jpg

こんばんは、

「アレルギー」と「安全性」の研究者、

KAZUOです。


世間はそろそろ冬で、

寒さと乾燥が気になる季節になりました。


これからの時期は肌が乾燥するので、

「保湿」が特に大切になります。


お肌の保湿に効果があるもの

と言えば、

「保湿クリーム」「保湿美容液」が

一般的かと思います。


そのような中、

「保湿に効くボディーソープ」

が発売されたことを、

皆さんご存知でしょうか?


今日は

肌の潤いの根源、ラメラを壊さずに洗える」

ボディウォッシュという、

「ラメランス(Lamellance)ボディウォッシュ」

についてレビューしたいと思います。
→商品の詳細ページは
こちら

■商品詳細

・商品名:ラメランス(Lamellance)ボディウォッシュ


販売者クラシエホールディングス株式会社


・価格(税込):697円(楽天、参考価格)


・内容量:480 mL


・中身:

 - 肌のバリア機能を司る「ラメラ」に着目した

  ボディウォッシュ


- 通常のボディウォッシュでは破壊されていたラメラが

 ラメランスボディウォッシュでは壊れない


- ラウロイルアスパラギン酸Naと、

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

そしてセラミドがラメラを壊さず、ケアする


 - 「お肌がスベスベになる!洗ったあとがしっとりする!」

  といった口コミあり


■全成分

水、ラウリルグルコシド、ラウロイルアスパラギン酸Na、コカミドプロピルベタイン、

ココイルメチルタウリンMg、グリセリン、ジステアリン酸グリコール、

ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドMEA

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

セラミド2、セラミド5、ミリスチン酸、クエン酸、PEG-4、エタノール、

ポリクオタニウム-7、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、

ポリクオタニウム-67PEG-7M、炭酸Na、ピロ亜硫酸Na

カラメル、BG、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、コレステロール、

EDTA-2Na、安息香酸Na、香料


■レビュー

637052704b946054df1e8e9d08461cc0_s.jpg


肌バリアを整えるラメラに着目した、

全く新しいタイプのボディウォッシュですね。


お肌の乾燥は

「ガサガサ、ぱりぱりする」といった

不快感だけでなく、


・湿疹、アトピー

・肌のかゆみ、シワ

など、

様々な皮膚トラブルのもとになります。


なので、

肌をしっかり保湿することはとても大切です。


今回のラメランスボディウォッシュでは、

お肌の保湿で重要な「ラメラ構造」に着目し、


「ラメラを壊さずに洗う」ことで、

お肌を乾燥させず、

みずみずしく保つことが特徴です。

新技術.JPG

(クラシエ ラメランス解説サイトより引用)


ちなみにラメラ構造とは、

皮膚の角層中の細胞間脂質に存在する、

「水と油がミルフィーユのようになった構造」

のことです。


☆ラメラのイメージ図

ラメら解説.JPG

(クラシエ ラメランス解説サイトより引用)

このラメラ構造の中に水分が保持されるため、

ラメラ構造が整うことで、

水分が保持された柔らかく滑らかな肌が保たれる

と考えられています。


これまでのボディウォッシュでは、

このラメラ構造が壊れてしまうことで、

水分が失われていましたが、


クラシエの解析データによれば、

「ラメランス」では水分のロスが

少なくなるようですね。

de-ta .JPG

(クラシエ ラメランス解説サイトより引用)

このグラフでは、

水分蒸散量を見ていて、

値が大きいほど水分が減っている


ことを意味しますが、


ラメランスでは水と同じくらいしか

蒸散量が変化していません。


確かに、

バリアが壊れないことを示すデータと言えます。


また、

ラメランスを1週間使い続けると、

「皮膚の水分量が増える」

という解析データもあります。

水分量.JPG

(クラシエ ラメランス解説サイトより引用)


左側のグラフを見ると、

連用一週間後のほうが棒が高くなっています。


縦軸が「水分量」なので、

値が大きいほど水分が多いことになります


なので、

確かに水分が増えたように見えますが、

縦軸をよーく見ると、

46から47.51.5しか実は増えていません


これはほとんど誤差の範囲内なので、

洗うだけでは水分はほとんど増えず、

「水分が減りにくくなる」

くらいに思っておいたほうが良いでしょう。


ここまでをまとめると、


・体を洗っても水分があまり逃げない

・使い続けると、水分があまり減らずに済む


のがラメランスの特徴と言えそうですね。



■一部の方は使わないほうがいい

stop-2816449_1920.jpg


ここまでラメランスの特徴を見てきました。


ラメラを壊さないボディウオッシュということで

確かに良いのですが、


KAZUOとしては、

アトピーの方や赤ちゃんなど、

お肌が弱い方が使うのには抵抗があります。



1. 効果があまり期待できない

251c354f9207da4d0a8507989118e91d_s.jpg

今回の商品は、

「ラメラを壊さないで洗う」

がポイントです。


なので、

ラメラがしっかりしている、

「肌バリアが健康な人」が使うと、

バリアを健康に保つ意味で効果的です。


ただ、

アトピーや赤ちゃんなどお肌が弱い方は、

そもそもラメラがしっかりと出来ていない

(肌バリアが弱い)ため


「ラメラを壊さずに洗う」

という商品の効果の恩恵を

あまり受けられません。


またラメラは

アミノ酸や脂肪酸、コレステロールといった

様々な物質で構成されますので、


セラミドを補給するだけでは

ラメラがしっかりと出来ていない

アトピーなどの肌には不十分になります。



2. アレルギーの副作用

atopy.jpg

ラメランスの中には、

アレルギーを起こしうる成分として、

・香料

・アルキルグルコシド

が含まれています。


香料成分が、

アレルギーを起こす場合があるのは

有名ですが、


界面活性剤のアルキルグルコシドが

皮膚アレルギーを起こすことは、

症例数がそれほど多くないためか

あまり知られていません。

→詳しくは最新の論文


これは

アレルギーを起こす物質が

お肌の状態が健康(バリアが健常)な場合

簡単には皮膚に入り込めないため、

アレルギーが起きにくいことに起因します。


一方、

「アトピーの方」「赤ちゃん」「敏感肌」

といったお肌の弱い方では、

肌のバリアが弱くなっていますので、

アレルギーを起こす成分が

肌に入り込みやすくなります。


つまり、

皮膚アレルギーが起きるリスクが

高まっていることになるわけですね。


■まとめ

以上今日の記事をまとめると、


・ラメランスを使うことで、

肌が健常な人では皮膚の乾燥が防げる


・ただし、アトピーや赤ちゃんなどお肌の

 弱い方では効果があまり期待できない


・むしろ、配合成分でアレルギーが起こる

 リスクがあるので使わないほうがいい

となります。


となるとアトピーの方や赤ちゃんでは、

「保湿剤を使ったケア」

がやはりとても大切になりますね。

14f3561be9e31231ddec162898a1117e_s.jpg

ただ、

アレルギーなどのトラブルも起きやすいので、

「効果と安全性」をしっかり見たうえで

商品を選ぶ必要があります。


このブログでは

・「娘がアトピー持ち」で

・自らも喘息や鼻炎などの「アレルギー」を持ち

・企業で様々な物質の「安全性」を研究する

研究者KAZUOが、


世の中の様々な商品を

「効果」と「安全性」の両面から、

科学的にレビューし、

「真に良い商品をご紹介する」

ことを目指しています。

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s.jpg

「でも、効果と安全性を両立する

保湿剤ってどうやって選べばいいの?」

という方も多いと思いますので、

解説記事をご用意しました。


「天然由来だからって安心できない!」といった

世の中では語られない「ここだけの話」

も惜しみなく書いていますので、

ご興味のある方は是非ご覧くださいね。

理想の保湿剤の秘密はこちら


また、

「気になる商品があるけど、使っても平気かな…」

といったお悩みがありましたら、


allergy_kazuo@yahoo.co.jp.


まで気軽にご連絡くださいね。

ベビーから使える保湿クリーム 赤ちゃんへの保湿効果と副作用を研究者が解説!

こんばんは、

「アレルギー」と「安全性」の研究者、

KAZUOです。


先日は、

親戚の赤ちゃんがお宮参りでした。


「天気は良かったけど寒かった」ので、

保湿クリームをちゃんと塗ったのか、

ちょっと気になるところです。


さて、今日は

赤ちゃんから大人まで家族みんなで使える」

保湿クリーム、

「ベビーから使える保湿クリーム(無印良品)」

についてレビューしたいと思います。
→商品ページは
こちら

 

「ベビーから使える保湿クリーム」の画像検索結果


■商品詳細

・商品名:ベビーから使える保湿クリーム(無印良品)


販売者株式会社良品計画


・価格(税込):1990


・内容量:200 g


・中身、成分:

  - 「赤ちゃんのお肌の乾燥が気になる・・・」

   「妊娠中のお肌をケアしたい」

   「アトピー」「敏感肌」を持っている

   といったでお悩みの方向け


- 岩手県釜石の天然水と、

  4種の植物オイルを配合した保湿クリーム


- 無香料、無着色、無鉱物油、

パラベン/アルコールフリー


- アレルギーテスト済み


■レビュー

主に、

生まれたばかりの赤ちゃんや

妊婦さん、ママの肌ケア

のために作られた保湿クリームですね。


お肌の乾燥は、

・乳児湿疹、アトピー

・肌のかゆみ、シワ

など、

様々な皮膚トラブルのもとになります。


なので、

お肌の保湿は肌を健康に保つうえで

とても大切です。


また、

妊娠中はお肌のバランスが崩れますし、

生まれた赤ちゃんのお肌はとても弱いです。


保湿効果はもちろんですが、

「安全」「安心」を第一に

商品を選びたいですよね。

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s.jpg


今回取り上げた無印良品の

「ベビーから使える保湿クリーム」は、

・岩手県釜石の水

4種の植物油

をベースにした保湿クリームです。


岩手県釜石の水とは

「仙人秘水」という、

ほのかな甘みが特徴の水を指すと思われますが、

「保湿」という観点で

どの程度効果があるかは未知数です。


保湿に関してはむしろ、

・保水成分(プロパンジオール、グリセリン)

・水を逃がさない成分(4つの植物油、シア脂)

が効果を発揮すると思われます。


これらの成分は

この商品に特徴的な成分

というわけではないので、

「家族みんなで使えるみたいだし、

 量も結構あるから、買ってみようかな」

というのが正直なところかなと思います。


一方、

「副作用」の観点から成分を見ると、


赤ちゃんをはじめ、

アトピーや敏感肌などお肌の弱い方には

あまりおススメしません。


■天然成分のアレルギーに注意!

今回の商品には、

「クマツヅラエキス」

という植物エキスが含まれています。


このエキスが入っている化粧品は

今のところ少ないですし、

そもそもクマツヅラという名前自体も

あまり馴染みがないですよね。


Wikipediaによれば、

「魔よけの草」として、

古くから用いられてきたようですが、


過去の情報を調べていくと、

皮膚でアレルギーを起こすことが

報告されています。

251c354f9207da4d0a8507989118e91d_s.jpg


症例としては少なく、

また、

アレルギーを起こす物質は

お肌の状態が健康であれば、

簡単には皮膚に入り込めないため、


普通の人であれば問題が起きる

可能性は低いと思います。


ただ、

「赤ちゃん」や「敏感肌やアトピーの方」は

肌のバリアが弱くなっていますので、

アレルギーを起こす成分が

肌に入り込みやすくなります。


このため、

皮膚アレルギーが起きるリスクが

高まってしまっています。


さきほど

「安全・安心を第一に商品を選びたいですよね」

と書きましたが、


「この商品は真に安全・安心ですか?」と

尋ねられると、

YESと言えないのが正直なところです。


「天然由来成分は安全・安心」

と思われがちですが、

アレルギーを起こす成分もあることを考慮の上、

商品を選んでいただきたいなと思います。


■まとめ

以上のことからKAZUO

赤ちゃん、アトピーや敏感肌、

などお肌の弱い方には

この商品をあまりおススメしません。


「オーガニック」「100%天然」が

安全・安心の象徴になっていますが、

必ずしもそういうわけではありません。


このブログでは

・「娘がアトピー持ち」で

・自らも喘息や鼻炎などの「アレルギー」を持ち

・企業で様々な物質の「安全性」を研究する

研究者KAZUOが、


世の中の様々な商品を

「効果」と「安全性」の両面から、

科学的にレビューし、

真に良い商品をご紹介する

ことを目指して日々情報発信しています。


「でも、効果と安全性を両立する

保湿剤ってどうやって選べばいいの?」

という方も多いと思いますので、

解説記事をご用意しました。


「天然由来だからって安心できない!」といった

世の中では語られない「ここだけの話」

も書いていますので、

ご興味のある方は是非ご覧くださいね。

理想の保湿剤の秘密はこちら


また、

「気になる商品があるけど、使っても平気かな…」

といったお悩みがありましたら、


allergy_kazuo@yahoo.co.jp.


まで気軽にご連絡くださいね。


合わせて読みたい!関連記事

○実は危険な「ポリフェノール」

副作用に悩まないために知っておくべきこと


妊娠期の食べ物次第でお子様がアレルギーに!?

子様のアレルギーを予防する食事とは?


食物アレルギーの新常識


お子様の食物アレルギーを防ぐ方法とは?


みんなの肌潤糖 赤ちゃん、アトピーへの効果、副作用を研究者が徹底解説!

こんばんは、

「アレルギー」と「安全性」の研究者、

KAZUOです。


先日、

知り合いの赤ちゃんを抱っこしたのですが、

すごく柔らかく、か弱い感じでした。


幼稚園児になり、

今となっては元気にはしゃいでいる娘にも、

こんな時代があったんだな~と思うと、

感慨深いものを感じましたね。


さて、今日は

ベビーからママまで使える」

保湿クリーム、

みんなの肌潤糖 アトケアタイプ」

についてレビューしたいと思います。
→商品ページは
こち

「みんなの肌潤糖」の画像検索結果

■商品詳細

・商品名:みんなの肌潤糖 アトケアタイプ


販売者株式会社北の達人コーポレーション


・価格(税抜き): 3300円(楽天価格)


・内容量:100g


・中身、成分:

- 「アトピーがひどくて色々試したけど、

お肌に合う商品がない」

    「赤ちゃんの弱い乾燥肌をケアしたい」  

   といったお悩みをお持ちの方へ


  - 北海道産のビート糖から作った「砂糖」が

   肌に浸透し、吸水・保湿力を発揮


 - 砂糖は「植物オイル」でコーティング


- 「着色料、合成香料、防腐剤」などの

お肌に悪い成分は一切なし


 - パッチテスト済み


- 赤ちゃんの沐浴にも使える!


- モンドセレクション5年連続最高金賞


■全成分

ビート糖、ココナッツオイル、ヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油、

ヒマワリ油、サフラワー油、ビタミンE、グレープフルーツ果皮油、

オレンジ果皮油、レモン果皮油、ジャスミン油


■レビュー

アトピーがひどい方

生まれたばかりの赤ちゃんなど

お肌の弱い方用の保湿液ですね。


お肌の乾燥は、

アトピーの悪化を招くだけでなく、

・乳児湿疹

・肌のかゆみ、シワ

など、

様々な皮膚トラブルのもとになります。


なので、

お肌の保湿はとても大切です。


また、

アトピーの方や赤ちゃんのお肌は

とても弱いため、

保湿効果はもちろんですが、

「安全・安心」を第一に

商品を選びたいですよね。

14f3561be9e31231ddec162898a1117e_s.jpg


みんなの肌潤糖 アトケアタイプ」では、

保湿力の高い「砂糖」を

天然由来の油でコーティングすることで、

浸透力を高めています。


「砂糖に保湿力がある」というのは、

ちょっと意外な話かもしれませんが、

化学的には水に極めてなじみやすい構造

をしているので特に不思議はありません。


ただ、

普段私たちが使う「砂糖」は粒子が粗く、

肌に塗ってもほとんど皮膚中に入れません。


「みんなの肌潤糖」では、

粒子の大きさを適度に調整しつつ、

天然の油でコーティングすることで

肌で保湿力を発揮できるようにしている

ようですね。


また、天然油については

お肌にフタをして、

水分が逃げるのを防ぐ働きがあるので、

高い保湿効果が期待できそうです。

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s.jpg


もちろん、

合成香料や防腐剤といった

お肌に悪いと言われる成分は入っていないので、

安心そうですね。


ここまで見てくると、

「お砂糖だからお肌に優しそうだし、

天然素材ばかりで安全そうだから

使ってみようかな・・・」

となりそうですが、


赤ちゃんをはじめ、

アトピーや敏感肌などお肌の弱い方に

KAZUOはあまりおススメしません。


天然由来成分の副作用に注意!

今回の商品の特徴は、

「ビート糖」天然油」など、いわゆる

天然由来成分

で出来ていることです。

天然油.jpg 


多くの方は

「天然由来=安全、安心」

という認識かと思いますが、


必ずしもそうではありません。


というのも天然由来成分には

お肌に「良いも成分」だけでなく、

「悪い成分」も含まれているためです


例えば、

肌潤糖に含まれる「ジャスミン油」には、

「オイゲノール」「リナロール」

といった、

皮膚でアレルギーを起こす物質が

含まれています。


これらの成分は揮発しやすく、

肌バリアが健康な状態であれば、

皮膚に入りこむことは少ないので、

アレルギーはほとんど起きません。


ただ、

「赤ちゃん」「敏感肌やアトピーの方」

肌のバリアが弱くなっていますので、

アレルギーを起こす成分が

肌に入り込みやすくなります。


このため、

皮膚アレルギーが起きるリスクが

高まってしまっています。


ちなみに、

「パッチテスト済み」という記載を

よく目にするかと思います。


この試験は肌に塗ってすぐに

痛くなったり赤くなったりしないかを見る試験で、

アレルギーがあるか否かはわかりません。


天然由来だからと安易に使うと、

思わぬ成分で皮膚アレルギーが

出てしまうことがあるので、

十分注意しましょう。


■まとめ

以上のことからKAZUO

赤ちゃん、アトピーや敏感肌、

などお肌の弱い方には

この商品をおススメしません。


100%天然由来」だからといって、

「真に安全・安心」というわけではありません。


このブログでは

・娘が「アトピー持ち」で

・自らも「喘息や鼻炎などのアレルギー」を持ち

・現在は、様々な物質の「安全性」を研究する

研究者KAZUOが、


世の中の様々な商品を

「効果」と「安全性」の両面から、

科学的にレビューし、

真に良い商品を皆さんにご紹介する

ことを目指しています。

→KAZUOがブログをはじめたきっかけはこちら


「でも、効果と安全性を両立する

保湿剤ってどうやって選べばいいの?」

という方も多いと思いますので、

解説記事をご用意しました。


「天然由来だからって安心できない!」

といった

世の中では語られないここだけの話

も書いていますので、

ご興味のある方は是非ご覧くださいね。

理想の保湿剤の秘密はこちら


また、

「気になる商品があるけど、使っても平気かな…」

といったお悩みがありましたら、


allergy_kazuo@yahoo.co.jp.


まで気軽にご連絡くださいね。


合わせて読みたい!関連記事

○実は危険な「ポリフェノール」

副作用に悩まないために知っておくべきこと


妊娠期の食べ物次第でお子様がアレルギーに!?

お子様のアレルギーを予防する食事とは?


食物アレルギーの新常識

お子様の食物アレルギーを防ぐ方法とは?